2017/05/07

GW神社巡り②

スポンサーサイト

続きを読む

2017/05/05

GW神社巡り①

GWの神社巡りについて、2回に分けて書きます^^;

【赤穂編】

●大石神社

大石神社は明治天皇の宣旨を契機として明治33年神社創立が公許せられ、大正元年11月、四十七義士命を祀る神社としてご鎮座になりました。
ご祭神は大石内蔵助良雄以下四十七義士命と中折の烈士萱野三平命を主神とし、浅野長直・長友・長矩の三代の城主と、その後の藩主森家の先祖で本能寺の変に散った森蘭丸ら七代の武将を合祀しています。

syuin18.jpg

syuin20.jpg

個人的に好きな堀部安兵衛です↓

syuin19.jpg

●赤穂八幡宮

祭神は応神天皇、神功皇后、仲哀天皇であり、応永13年(1406)鳥撫村(現在の天和)銭戸島から移されたと言われて
います。同宮には、大石内蔵助ゆかりの布袋額・櫨の木・石灯篭などをはじめ、赤穂義士関係の書状などが数多く
残されています。赤穂八幡宮獅子舞は、平成17年(2005)県の無形民俗文化財に指定されています。

御朱印はこんな感じです↓

syuin22.jpg


【播州秋祭り編】

●松原八幡神社

「灘のけんか祭り」で有名な松原八幡神社は、中殿に品陀和気命(ほんだわけのみこと)左殿に息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)右殿に比 大神(ひめおおかみ)の御祭神をまつっており、その発祥の御由緒は、天平宝字7年発卯4月11日(西暦763)豊前国宇佐神宮より当白浜町の西部の松原村へ奉迎され、天皇の御祈願所とされたと伝えられています。

syuin25.jpg

syuin26.jpg

●魚吹八幡神社

魚吹八幡神社(うすきはちまん)は、息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)、品陀和気命(ほんだわけのみこと)、玉依比売命を祭神とする神社で、網干津にあるので、津の宮とも呼ばれています。
創建年代については、仁徳天皇7年、神亀2年説や「峰相記」の貞観2年説などあります。
平安時代末期に石清水八幡宮の別宮となり、魚吹八幡神社と呼ばれるようになりました。

播州地区で最大の氏子数を抱えて、秋季例祭には総勢18台の参加します。
また、この例祭は「提灯まつり」ともいわれて、提灯練りが有名です。

syuin27.jpg

●津田天満神社

津田天満神社は飾磨区構にあり、御祭神は、菅原道真公、津田大歳明神、賀茂別雷大神です。
社殿の創建は不詳ですが、当初は大歳明神を祀る社があり、菅原道真公が当地に立ち寄られた際、人々は公の徳を慕って大歳明神に祀り、その後、主神の位置を替え、津田天満として崇敬されるようになったと伝えられています。

今在家、加茂、構、思案橋の4地区の屋台が順に宮入り。
屋台上部に設置された擬宝珠が外されると、拝殿の内部に運ばれ、拝殿内で屋台を練る珍しい「拝殿練り」や、地面に置かれた屋台を腕で一気に差し上げる「一気差し」を披露。また、子供屋台による「拝殿練り」や獅子舞なども演じられています。

syuin28.jpg

御朱印はこんな感じです↓

syuin29.jpg

●浜の宮天満宮

御祭神は学問の神さまとして知られる菅原道真公がお祀りされています。
もと宮町にあり、慶長年間に池田輝政が米蔵を建てるため現在の地に移したといわれています。
当時、神社の南側は松林が広がり近くまで海が迫っていたようです。
境内には江戸期の石造品が多くあり、社殿横の石灯籠は、元禄12年(1699年)のもので、境内の力石は天保13年(1842年)に恵美酒宮の力石と同じ大浜岩吉によって奉納されています。
常夜灯にはも魚問屋、生魚仲買中、宮町釣船中、魚売子中などの文字が彫られ、漁業関係者が奉納したことを示しています。
ほかに手水鉢は寛政10年(1798年)、狛犬は弘化3年(1846年)、境内末社に文化12年(1815年)の石灯籠があります。
また、社殿前の東側の神牛は、明治11年に越前や加賀の北前船船主たちが奉納したもので、飾磨津が北前船の寄港地であったことを物語る貴重な遺品です。

浜の宮天満宮の秋祭りには、3台の大屋台と6台の小屋台が宮入りし、須加、宮、天神、西細江屋台による「台場差し」は、他に類を見ない荒技として広く知られています。

syuin31.jpg


●恵美酒宮天満神社

飾磨津が発祥した頃は、事代主命を祀り守護神としていましたが、左遷された菅原道真公がこの港に立ち寄った際、人々は道真公を慕い、後に菅原道真公を祀る天満神社になったといわれています。
社殿の創建に関しては、弘安4年(1281年)に蒙古襲来の際、諸国に御勅使が使わされ、戦勝を祈願されたそうです。
風雨により敵船が壊滅すると、戦勝を報告するため再び勅使が使わされ、西国、中国の海岸44ヶ所、そのうち山陽道8ヶ国に18ヶ所に神社を建て、当社もその中に入っていたことから、恵美酒宮天満神社の創建は弘安4年ともいわれています。
天正8年(1580年)に、羽柴秀吉と三木、別所との戦いにより社殿は焼失し、祭事も衰えたようです。
正徳4年(1714年)5月に焼失した神輿の再建について協議が行われ、同年9月大坂で製作された神輿が海路より東堀の浜に到着し、氏子各町を巡行したのが現在の本神事の始まりといわれています。
都倉が当番の年に本神事が行われるのは、正徳4年に復興した神輿が東堀から陸揚げされ、都倉に、御祭神及び神輿が休憩されるための御旅所があったからといわれています。
平成15年には社殿が改築され、神輿の修理、祭器の新調が行われました。
平成16年5月2日には、新社殿の完成を祝い竣工奉祝祭が行われ、氏子各町から稚児行列の参拝と屋台練りが行われました。

syuin32.jpg

御朱印はこんな感じです↓

syuin30.jpg

●大塩天満宮

大塩天満宮は、天文2年(1533年)2月に、当地の城主であった大塩次郎景範(かげのり)によって創建されたと伝えられています。
御祭神は、菅原道真公をはじめ天穂日命、大己貴命が祀られています。

また、「播州獅子どころ」と言われるように、獅子舞も大変盛んな地域といわれています。
その中でも大塩の獅子舞は特に有名で、通常の神楽獅子とは異り、頭から尾まで黒毛で覆われた毛獅子で、野獅子の生態を現した豪快な舞が特徴です。

syuin34.jpg

●曽根天満宮

曽根天満宮の御祭神は、主神に菅原道真公が祀られています。
延喜元年(901年)に太宰府へ左遷された菅原道真公が、伊保の港より上陸され、曽根と大塩の境にある日笠山に登られ、祖先の天穂日命に「我に罪無くば栄えよ」と罪の無実を祈られ、山上の小松を現在の社地に植えられました。
これが霊松『曽根の松』で、現在も幹が境内の『霊松殿』に保存されています。
その後、四男淳茂公(あつしげこう)が、家臣13名と共にこの地を訪ね、父君ゆかりの場所に社殿を建立しお祀りしたのが曽根天満宮の由緒とされています。

また曽根天満宮の屋台は、四隅が反り上がる三層の布団を重ねた「反り屋根型布団屋台」で、各町とも布団の色に個性があり、カラフルな色合いが秋空に映えます。
屋台は曽根町の西之町、北之町、東之町、南之町と、伊保南部、伊保中部、伊保西部、高須、梅井、中筋西、中筋東から練り出され、11台の屋台が順に宮入りし境内で練り競う様子は秋祭り屋台行事の見どころです。

syuin35.jpg

御朱印はこんな感じです↓

syuin33.jpg

●高砂神社

高砂は、近世港町として栄え、謡曲「高砂」の発祥地として知られています。高砂神社は素盞嗚尊(すさのおのみこと)、奇稲田姫(くしなだひめ)、大己貴命(おおなむちのみこと)の三神が祀られ、境内にある「相生の松」は広く知られています。

神幸祭は、各地区から練り出されたダンジリや賑わい物が神輿の先導やお伴をして各町を巡行します。
3年に一度は神輿を船に乗せ、海上渡御を行う船渡御が行われ、例大祭は、東宮町、中部、戎町、農人町、鍵町、浜田町、木曽町の7地区から練り出された屋台が舞子に先導されながら宮入し、宮出し後は勇壮な練り合わせが繰り広げられます。

syuin36.jpg

御朱印は2種類あります↓

syuin37.jpg

●英賀神社

英賀(あが)は播磨国風土記にもある英賀彦・英賀姫を祀っています。
英賀神社から生じた地名で、現在は兵庫県姫路市飾磨区英賀宮町となっています。
室町時代初期に築かれた英賀城を中心とする城下は秀吉により落城するまで、姫路城下を凌ぐ大いに栄えた港町でした。
乱世の戦国時代、英賀御堂を拠点とする一向宗の門徒が多かった英賀衆は黒田官兵衛の説得にも応じず毛利方についたため
信長の命による秀吉により攻め滅ぼされました。
この戦では、同じ播磨の地にありながら姫路の黒田官兵衛も英賀攻めの戦に加わったとされています。
落城後、英賀城と城下は焼き尽くされたため今では英賀神社の境内に土塁跡が残るのみとなっています。
各地に残っていた土塁は、昭和13年(1938)から始まった区画整理によりほとんどが消滅してしまったため、大変貴重な遺構となっています。

2台の檀尻と大小18台もの屋台が繰り出される歴史深い秋祭です。
高床式の拝殿の中、天井に届くほど屋台を高く練り上げる拝殿練りは圧巻です。
また、「英賀と言えば梯子、梯子と言えば英賀」と称されるように2本の大竹で出来た横木の無い梯子の上で獅子が舞う姿は勇壮で見応えがあります。

syuin44.jpg

●広畑天満宮

当宮の創祀期の日は詳かではありませんが、霊泉「御水が池」の畔にお祀りしていた境内末社広辻神社が最も古い社で、霊亀元年(西暦715年)には既に御鎮座されていました。
降って延喜元年(西暦901年)菅原道真公が九州へ御西下の途中、高浜の汀に上陸せられ、爾来当地の人々は公の御人格と御神格を深く敬仰し、中世、天満大神の御鎮座を仰ぎました。
幕末の頃、御水が池の半分を埋め立てて浄地を造り、旧来ささやかであった祠宇を改めて今の御社殿を造営申し上げたそうです。

各地区の屋台は朝、御旅所に集結。猿田彦、神輿3基に続いて屋台16台が順に宮入りし、昼前には境内に勢ぞろいします。
その後、屋台は1台ずつ拝殿へ。
練り子たちは屋台をぶつけないようにゆっくりと進んだ後、狭い拝殿内で勢いよく差し上げ、自慢の屋台を天井近くまで高々と掲げると、周囲から大歓声が上がります。

syuin43.jpg

御朱印はこんな感じです↓

syuin38.jpg

●荒川神社

荒川神社は小高い山の中腹にあり、参道から馬場に入り石段を上がったところに拝殿があります。
荒川神社の創建は、この地が夢前川の旧流路で、汐入川と水尾川という2本の川があり、大雨や台風で洪水が起こりやすかったことから水の神である水波能女神(みずはのめのかみ)を祀ったのが始まりとされ、その後建築の神である手置帆負神、彦左知神を合祀して現在に受け継がれています。
社殿も初めは山の下に建てられていたそうですが、水害のため山の中腹に建てられるようになり、現在の地に建てられたのが正徳元年(1711年)といわれています。
荒川という地名の起こりも度重なる水害によって付けられたといわれています。

荒川神社の秋祭りは別名「小芋祭り」と呼ばれ親しまれています。
これは馬場で練る屋台を拝殿から見ると、すり鉢の中で小芋を洗っているように見える情景に由来します。
屋台は町坪、中地、玉手、岡田、井ノ口、西庄の6台と、子ども屋台の樽みこしが7台練り出されます。
宮入り、階段登り、拝殿内での屋台差し、山下り、馬場での練り合わせなど、見どころが多い祭りとしても知られています。

syuin42.jpg

●荒井神社

舒明天皇の時代(629~641)に創建された古社で、鎌倉時代に現在地に遷座。境内には一つの根元から男松と女松が分かれ出ている“結びの松”や武者小路実篤の歌碑があります。

結びの松で有名な荒井神社の秋祭りで最大の呼び物は、江戸時代から伝わるという仁輪加太鼓。
にわか芝居をもじったもので、少女が扮する着飾った舞子が踊りを舞い、乗り子、練り子の囃子や唄と掛け合いながら寸劇を展開していきます。
寸劇も毎年内容が変わり、見物客を楽しませています。

写真撮り忘れです^^;

御朱印はこんな感じです↓

syuin39.jpg


最後にイラストの入った御朱印で話題の米田大師寺は、鹿島神社の参拝道沿いにある真言宗のお寺です。
好きな絵と言葉を書いてくれます。その後、一緒にお経を読みますw

syuin40.jpg


2017/05/04

御朱印帳

GWは混雑しているので、比較的空いてる近場の神社を参拝しようと思い、御朱印帳を整理しました。
どれも中途半端な状態でしたので、自分なりに分担しました^^;

①最初に買った御朱印帳です。(5年ほど前に建仁寺で購入)
ほぼ京都の御朱印なので、京都用とします。
片面終わっているので、これで終了するか反対側も書いていただくか迷っています。

syuin8.jpg

syuin9.jpg

②清水寺の御朱印帳なので、これも京都用にします。
(これは、ほとんど空白です)

syuin10.jpg

syuin11.jpg

syuin12.jpg

③摠見寺の御朱印帳なので、織田信長ようにします。そのままですが・・・w
 武将限定にすると、きっと埋まらないような気がします^^;

syuin13.jpg

syuin14.jpg

syuin15.jpg

syuin16.jpg

④厳島神社の御朱印帳で、関西の御朱印しかいただいていなかったので、関西用にしますw

syuin5.jpg

syuin6.jpg

syuin7.jpg

⑤これは、アマゾンで購入した西陣織の御朱印帳です。
 これは、近場用(兵庫限定)にします。(GW前は白紙)
 一気に埋まるかな?w

syuin4.jpg

⑥日光東照宮の御朱印しかないので、関東用にしますw
 これもきっと埋まらないような気がします。
 気長にやりますw
 あと、御朱印帳の裏面に白い部分があります。
 ここには、「御朱印帳」、それとも「自分の名前」、それとも「徳川家康」???
 何を書くのでしょうか???

syuin1.jpg

syuin2.jpg

syuin3.jpg

⑦眞田神社の御朱印帳なので、武将ゆかりとしたいところですが、
 難しそうなので、眞田家+変わった御朱印でいきますw

syuin23.jpg

syuin24.jpg

いつの間にか御朱印帳が7冊になっていました^^;
今のペースだと御朱印帳がたまる一方だと思いますので、
出かけた時は、ちょっと寄り道して参拝していきたいです~~~^^

先日、FC2のブログでGreat Nagoyanさんがやっている「武将御朱印天国」のリンクをいただきました。
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんの御朱印を紹介していますので参考になると思います。
2017/04/29

メルカリ

最近、メルカリで衝動買いをしてしまっています^^;

me1

ヤフオクとは違って、出品された瞬間が勝負になるので、
お買い得と判断したら、ついつい購入ボタンを押したり、
さらに値下げ交渉をしています。

だいたい新品価格の約20%以下で程度が良いものを選んでいます。

例えば、ポールスミス MEN WALLET BILLFOLD COIN 2つ折小銭入れ付き財布
ブラウンストライプは定価68000円、通販で50000円以上しています。
今回、程度が良いものを5555円で購入しました。(必要性はないけど、ついつい購入^^;;)


【安全面】
支払等のやり取りもメルカリ事務局を通して行うので安心です。
me2

出品者と購入者の流れとしては、
1.出品者がメルカリに出品する
2.購入者がメルカリで購入する
3.メルカリが出品者にQRコードを送信する
4.出品者が発送方法を選択する
5.出品者がQRコードを読み取らせると伝票が印字される
6.ヤマトがその伝票を元に購入者へ配達する
となります。

フリマアプリの利用において、やはり個人情報を出品者にせよ購入者にせよ、
開示するのは抵抗がありますので、メルカリおよびヤマトにのみ開示するので済むのであれば、
その方がより安心だと思います。
このエスクローサービスでは「ヤマトのドライバーが出品者の自宅に集荷に来てくれる」と
いうサービスも提供しており、出品者が配送所やコンビニに持ち込まなくても出品できるようになるため、出品へのハードルをさらに下げています。

【市場】
me3
今後、フリマアプリ市場がますます伸びていくと思われます。

【最後に】
メルカリを始められる人がいらっしゃいましたら、登録時に招待コード「QVTMMG」の入力お願いいたします^^

me5



2017/04/04

寺社巡り

久々に京都で寺社巡りしてきました。

京都1


【上賀茂神社】

世界遺産になっている上賀茂神社は、京都でもっとも古い神社であり、
雷の御神威により、厄を祓い あらゆる災難を除き給う厄除・明神・落雷除・電気産業の
守護神として広く信仰 されています。

DSC01145.jpg

DSC01144.jpg

DSC01141.jpg
桜は、まだ蕾でした。

上賀茂神社



【今宮神社】

平安期以前から疫病鎮めに疫神を祀った社があったと言われています。
994年(正暦5)都の悪疫退散を祈り、御輿を造営し紫野御霊会を営んだのが今宮神社の起りです。
現在の社殿は1902年(明治35)の再建。「阿呆賢さん」と呼ばれる神占石は叩くと怒るとも言われ、
撫でて軽くなれば願いが叶うとされています。
四面仏石(現在は京都国立博物館に寄託)などが有名です。
4月第2日曜のやすらい祭は京の三大奇祭の一つです。
徳川五代将軍綱吉の生母 桂昌院の氏神社として、良縁開運「玉の輿」のご利益を願う人で賑っています。

DSC01151.jpg

DSC01159.jpg

DSC01162.jpg
あぶり餅とは、きな粉をあんぶした親指大の餅を竹串に刺し、
炭火で炙った後白味噌のタレを塗った餅菓子または串に刺して炙ったおかきや煎餅のことです。
神社の外に2店舗あります。

今宮神社


【建勲神社】

建勲神社は、明治2年(1869)、明治天皇の御下命により創建された織田信長公をお祀りする神社です。

DSC01167.jpg

DSC01163.jpg
桶狭間の合戦で織田信長が舞った「敦盛」の一節が石碑に彫られています。

建勲神社


【下賀茂神社】

世界遺産に登録された下鴨神社(賀茂御祖神社)古くより導きの神、
勝利の神としての 信仰があり、事始めの神社としても知られています。
また、境内には縁結びのお社 相生 社や美麗のお社 河合神社、
干支のお社 言社 お祓いのお社 御手洗社があります。

DSC01171.jpg

DSC01172.jpg
下鴨神社入り口に鎮座しているさざれ石も、 「小さな石」という意味のさざれ石ではなく、
「小さな石が凝固して大きな岩になったもの」という意味の、 さざれ石です。
『古今 和歌集』にさざれ石を詠んだ歌があり、 国家の原典となっています。

下賀茂神社


【平安神宮】

1895年(明治28)桓武天皇の平安遷都1100年祭を記念し桓武天皇を祭神として創建された神宮です。
後に平安京最後の天皇である孝明天皇も合祀されました。
社殿は平安京の政庁の中心であった朝堂院の形式を約二分の一に縮少して復元したものです。
二層の神門は応天門中央正面一層の入母屋造の拝殿は大極殿、
拝殿左右の桜閣は東は蒼龍桜、西は白虎桜と呼ばれています。
総面積33,000㎡(約10,000坪)の広大な池泉回遊式庭園で
明治の有名な造園家7代目小川治兵衛らの手になるものです。
10月22日に行われる、京都三大祭りの一つ時代祭は、ここ平安神宮の大祭です。

DSC01177.jpg

DSC01176.jpg

平安神宮


【八坂神社】

祭神は素戔嗚尊・櫛稲田姫命・八柱御子神。明治維新まで祇園社または感神院と称した。
創祀は、諸説あるが社伝では斉明天皇2年(656)と伝えられ
平安遷都がなされた延暦13(794)以前よりこの地に祀られていたとされています。
また、貞観11年(869)疫病流行の際、当社の神にお祈りして始まったのが祇園祭です。
平安時代には二十二社の一に数えられ、朝廷からも厚く崇敬された。
一方、民衆の信仰も深く京都はもとより全国に広く崇敬されるようになった。
現在ではこの神を祀る神社は三千余社に及びます。

DSC01182.jpg

八坂神社
なぜか、ここだけ御朱印500円(他は全て300円)


【本能寺】

京都市中京区寺町通御池にある法華宗本門流の大本山。山号、卯木山。
1415年日隆が五条坊門に創建した本応寺に始まります。のち本能寺と改称。
1582年本能寺の変により焼失。
再建途中、豊臣秀吉によって現在地に移り、境内に信長供養塔があります。

DSC01188.jpg

本能寺


【おまけ】

下賀茂神社から平安神宮へ移動中に京大前を通りました。
強烈なインパクトがある部活勧誘ポスター は、なかったかもw

DSC01173.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。