FC2ブログ

リラックスタイム

最初はゲーム中心のブログでしたが、最近は日常の出来事を不定期に更新しています。

富士山周辺の神社巡り

11/2~11/5にかけて、富士山構成資産神社を中心に巡ってきました。
時系列に紹介していきます。


<11/2>

4時前に兵庫県出発

【久能山東照宮 8:30到着 10:00出発 】

ロープウェイが9:00~なので、30分待機しました^^;

住所:静岡県静岡市駿河区根古屋390
TEL:054-237-2438

ナビのセットは 日本平ロープウェイ TEL:054-334-2026

久能山東照宮は、徳川家康公をご祭神としておまつりする全国東照宮の創祀です。

久能山東照宮1

久能山東照宮2

久能山東照宮3

久能山東照宮4

久能山東照宮御朱印


【富士山本宮浅間大社 11:00到着 12:00出発 】

住所:静岡県富士宮市宮町1-1
TEL:0544-27-2002

浅間大社は、富士山の噴火を鎮めた御神徳により崇敬を集め、富士山信仰の広まりと共に全国に祀られた1300余の浅間神社の総本宮です。

富士山本宮浅間大社5

富士山本宮浅間大社4

富士山本宮浅間大社1

富士山本宮浅間大社2

富士山本宮浅間大社3

富士山本宮浅間大社御朱印


【冨士山小御嶽神社 13:30到着 14:20出発 】

計画上は、山梨は11/4に参拝する予定でしたが、余裕があったので先行しました。

住所:富士吉田市上吉田小御岳下5617吉田口登山道
TEL:0555-72-1475

小御岳は富士山が作られる前からあったいにしえの山と言われています。
小御岳と古富士が土台となって、何度も噴火を繰り返し、いまの富士山の姿ができました。
冨士山小御岳神社は937(承平7)年、山岳信仰の聖地である小御岳山の山頂(冨士山五合目)に鎮座、創建されました。

小御嶽神社1

小御嶽神社4

小御嶽神社2

小御嶽神社3

小御嶽神社5

小御嶽神社御朱印


【河口浅間神社 15:00到着 15:30出発 】

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町河口1
TEL:0555-76-7186

冨士山信仰の対象と芸術の源泉の構成資産の一部として、世界文化遺産に登録されています。
864年に起こった富士山の噴火を鎮めるために建立されました。

河口浅間神社1

河口浅間神社2

河口浅間神社御朱印

河口湖1
(河口湖)


【冨士御室浅間神社 15:40到着 16:10出発 】

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町勝山3951
TEL:0555-83-2399

富士山を背に本宮、里宮は河口湖を背に建てられました。
本宮は699年に藤原義忠が富士山2合目に奉斉したもので、その後、噴火による炎上や自然環境の厳しさから腐朽が激しく、その度に皇室や有力な武将から再興されてきました。
1974年に保存のために里宮であるこの地に遷祀され、国指定の重要文化財となっています。

富士御室浅間神社1

富士御室浅間神社2

富士御室浅間神社3
紅葉も綺麗でした。

富士御室浅間神社御朱印


【北口本宮冨士浅間神社 16:30到着 17:10出発 】

住所:山梨県富士吉田市上吉田5558
TEL:0555-22-0221

1900年の由緒があり、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東方への遠征の折にこの地にて富士山の神霊を遥拝し「富士の神山は北方から拝せよ」と仰せになり、祠を建てて祀ったのが始まりです。
富士山の女神である木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、彦火瓊々杵命、(ひこほのににぎのみこと)、大山祗神(おおやまづみのかみ)がお祀りされています。
古くから富士山の遥拝地として信仰を集めていましたが、江戸時代に富士講が広まると多くの人がここより登拝し、富士山の北口(吉田口)登山道の起点として栄え、17世紀初期に富士講の寄進により整備された境内は壮観で、富士山信仰の中心であることが感じられます。

北口本宮富士浅間神社1

北口本宮富士浅間神社2

北口本宮富士浅間神社3

北口本宮富士浅間神社御朱印


<11/3>

富士市のホテルを8:30出発

人穴・山宮・村山・須山の浅間神社は、土日祝10:00~15:00頃しか御朱印が頂けないので、少し寄り道しました^^

【白糸ノ滝 9:00到着 9:50出発 】

住所:静岡県富士宮市上井出・原
TEL:0544-27-5240(観光案内所 休日のみ)
(ナビで「白糸ノ滝」検索で出てきます)

昭和11年、国の名勝及び天然記念物に指定され、昭和25年10月には「観光百選滝の部」で1位に選ばれ、古くからその見事な眺めが人々に愛されている滝です。
戦国時代末から江戸時代初期、富士講の開祖とされる長谷川角行が修行を行った地とされ、富士講を中心とした人々の巡礼・修行の場となったことでも知られています。

幅150mの湾曲した絶壁の全面にかかる白糸ノ滝は、本滝の一部を除いてそのほとんどが富士山の湧水です。
マイナスイオンに包まれてパワーアップ間違いなし!
岩壁の間から白い絹糸のように流れるさまは、白糸の名にふさわしく、女性的な美しさと、やさしい景観を見せながら周囲にキリリと冷えた風を運んでいます。
年間を通じて水温12℃、毎秒1.5トンの湧水が流れ出ているといわれています。

白糸の滝1
虹もかかっていて、とても素晴らしかったです。

白糸の滝2
展望台からは富士山と滝と同時に撮れます。


【人穴浅間神社 10:00到着 10:30出発 】

住所:静岡県富士宮市人穴206
TEL:0544-52-1620(案内所 休日のみ)

人穴浅間神社は静岡県富士宮市に鎮座し、「人穴富士講遺跡」は世界遺産の構成資産でもあります。
富士講の開祖といわれる藤原角行が修業・入滅したことや、角行以前からも富士山信仰とかかわりがあったと考えられている聖地です。

人穴1

人穴2

人穴御朱印


【山宮浅間神社 10:50到着 11:10出発 】

住所:静岡県富士宮市山宮740
TEL:0544-58-5190(案内所 休日のみ)

山宮浅間神社は、『信仰の対象』としての富士山の顕著な普遍的価値を証明する上で不可欠の構成資産です。
富士山本宮浅間大社の社伝によれば、山宮浅間神社は富士山本宮浅間大社の前身であるとされています。
山宮浅間神社では、本殿に相当する建築が参道の終端付近に存在せず、富士山の方向に展望の軸を合わせた位置に祭壇又は石列の区画から成る遥拝所を設けるなど、独特の境内の地割が見られます。
このような地割は、富士山に対する遥拝を主軸とする古式の祭祀の在り方を示しているものと推定されています。

山宮1

山宮浅間神社
「これだけくっきりと富士山が見れるのは珍しいですよ」と案内所の人に言われましたが、写真は上手く撮れてなかったです><

山宮御朱印


【村山浅間神社 11:20到着 11:40出発 】 

住所:静岡県富士宮市村山1151
TEL:0544-26-6713(案内所 休日のみ)

世界遺産富士山の構成資産でかつて富士表登山道が通り栄えました。
浅間神社と大日堂を合わせて祀る神仏習合の姿が残ります。

村山1

村山2

村山御朱印

【須山浅間神社 12:10到着 12:30出発 】

住所:静岡県裾野市須山柳沢722

須山浅間神社は、往古富士山東口の社でしたが、後に登山道の増設に伴い南口登山道の冨士浅間の下宮として祭られました。
社伝によると、人皇12代景行天皇の御代(110)、日本武尊が東夷征伐の時、奇瑞により創祀されたとされています。

須山1

須山御朱印

【冨士浅間神社 13:10到着 13:30出発 】

桓武天皇の延暦21年(802)、富士山東脚が噴火し、雷鳴・地震が終日止まず、人々は恐れおののいて仕事も手につかない日々が続きました。
依って国司郡司が人々の憂いを憐れみ、鎮火の祈願を行うため富士山東面須走の地(現在の社地字日向)に斎場を設け祭事を行いました。
すると翌年4月初申の日に噴火が治まりました。
翌年、平城天皇の大同2年(807)、その鎮火祭の跡地、すなわち今の社地に鎮火のお礼のため社殿を造営したと伝えられています。
其の後、欽明天皇の御代(552)に曽我稲目が再興し、天元4年(961)には平兼盛が修理奉幣しました。

東口本宮富士1

東口本宮富士2

東口1

東口2

東口御朱印


【小室浅間神社 14:00到着 14:20出発 】

住所:山梨県富士吉田市下吉田5221
TEL:0555-22-1025

社伝によれば、延暦12年(793年)、征夷大将軍坂上田村麻呂が東征の際、現鎮座地より富士山を遙拝して戦勝を祈願し、戦勝後の大同2年(807年)、神恩に感謝して社殿を造営したのに始まるという。
上吉田・下吉田・松山の三郷の総鎮守とされ、中世には武田家が祈願所として崇敬しました。
明治に入り氏子地域であった上吉田を北口本宮冨士浅間神社に割譲し、それまでの「下宮浅間神社」から現在の「小室浅間神社」に改称しました。
元々「小室浅間神社」とは、富士山二合目にある山宮の名称であったそうです。

小室浅間神社1

小室1

小室浅間神社2

小室御朱印


【新倉富士浅間神社 14:30到着 15:10出発 】

住所:山梨県富士吉田市新倉3353-1
TEL:0555-23-2697

地元の人々からは「忠霊塔」と呼ばれ親しまれています。
創建は705年(慶雲3年)、甲斐国八代郡荒倉郷の氏神として祀られたのがその始まりといいます。
戦国期には武田信虎(武田信玄の父)が領国を接していた北条氏との戦の際、神社の境内地である新倉山に陣取り、この新倉富士浅間神社で必勝祈願、首尾よく戦に勝利したことにより刀を奉納したと伝わっています。

新倉富士浅間神社1
先日の台風被害により修復中でした。

新倉富士浅間神社2

新倉富士浅間神社3

新倉富士浅間神社(春の様子)
春に来ると桜と富士山のコラボも楽しめるそうです。

新倉富士浅間神社御朱印


【新屋山神社(本宮) 15:30到着 16:00出発 】

住所:山梨県富士吉田市新屋1230
TEL:0555-24-0932

新屋山神社は、戦国の室町時代後期、後奈良天皇の御時天文3年(西暦1534年)10月17日の創建にして、1727年修復、1890年(明治23年)に弊殿、拝殿の造営、1934年(昭和9年)10月17日に本殿を再建し、末社浅間社 大神社を合祀しています。
1973年(昭和48年)に弊殿、拝殿を改築し、社務所を設置して現在に至ります。
本宮の御社は水源や森の近くで原生林が繁茂する小高い丘にあり、古くから山を守る神、産業の神として地域の林業、農業に携わる人々から大工さん等の職人さんにまで信仰されています。

新屋山1

新屋山2

お伺い石

新屋山御朱印


【甲斐國一宮 浅間神社 16:40到着 17:10出発 】

住所:山梨県笛吹市一宮町一ノ宮1684
TEL:0553-47-0900

甲斐国の一ノ宮で貞観7年(865年)に富士山の噴火を鎮めるために創建されました。
こちらは「あさま」と読みます。

甲斐浅間神社1

甲斐浅間神社2

甲斐浅間神社3

甲斐浅間神社4

甲斐一宮171103


<11/4>

冨士吉田市のホテルに宿泊していたので、朝食前に金鳥居まで散歩しました。

金鳥居

ホテル8:30出発し、山中湖経由で山中諏訪神社へ

山中湖
何を釣っているか確認するとブラックバスでした^^


【山中諏訪神社 8:50到着 出発9:20 】

住所:山梨県南都留郡山中湖村山中御所13
TEL:0555-62-3952

人皇十代崇神天皇の御代七年(西暦104)、国中に疫病が蔓延しました。
勅命をもって土人創杞しましたが、これが山中諏訪神社(山中諏訪明神)の起源と伝えられています。
第六十二代村上天皇子御代の康和三年(966)には、村人が開墾の守護神として、諏訪大明神を奉りました。
時代がさらに進んだ天文二十一年(1552)には甲斐国守護武田晴信公が、相模国北条氏との合戦に際し、当神社に御加護を請い奉らんと、本殿を造営寄進しました。
貞享元年(1684)には本殿を修築、以来、安産子授けの守護神として崇敬され毎年九月の例大祭「山中明神安産祭り」は、妊産婦や新婚女性が集まるお祭りとして全国的に有名です。

山中浅間1

山中浅間神社御朱印


【新屋山神社(奥宮) 10:00到着 10:30出発 】

年内の御朱印は11/5で終了とのことでしたので、昨日、本宮でいただいた地図を見ながら向かいました。
難所かと思いましたが、道路も舗装されており、四国88ヶ所に比べると楽勝ですw

新屋山神社奥宮(富士山2合目)は日本一の金運神社と言われています。
船井総研の船井幸雄氏が、あるインタビューの中で新屋山神社 奥宮の話をしたことがきっかけでした。
「お金に困りたくなかったら富士山のこの神社に行くと良い」と答え、その結果、新屋山神社 奥宮が広まりました。

新屋山奥宮1

新屋山奥宮2

新屋山奥宮3

新屋山奥宮御朱印


【三嶋大社 12:00到着 12:30出発 】

住所:静岡県三島市大宮町2-1-5
TEL:055-975-0172

古くから伊豆国一の宮として栄え、源頼朝が源氏再興を祈願したことでも 知られています。

三嶋大社1

三嶋大社2

三嶋大社3

三嶋大社御朱印


【静岡浅間神社 13:30到着 14:00出発 】

住所:静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1
TEL:054-245-1820 

神部神社・浅間神社(二社同殿)及び大歳御祖神社の三社を総称して、静岡浅間神社(通称おせんげんさま)となっています。
浅間神社は延喜元年(901)、醍醐天皇の勅願により富士山本宮より分祀され、爾来富士新宮として国司の尊崇を受けています。

静岡浅間神社

静岡浅間神社御朱印

静岡浅間神社御朱印2


【事任八幡宮 15:00到着 15:30出発 】

住所:静岡県掛川市八坂642
TEL:0537-27-1690

事任八幡宮は遠江國一の宮で「枕草子」にも名前が記され“思いのままに願い事が叶う”神社として信仰されています。ご
神木の大杉は、坂上田村麻呂が植樹したと伝えられ、県の天然記念物に指定されています。

事任八幡宮1

事任八幡宮2

事任八幡宮御朱印


【砥鹿神社 16:30到着 17:00出発 】

住所:愛知県豊川市一宮町西垣内2
TEL:0533-93-2001

平安時代初めころから、三河国の神社では筆頭格の扱いを受けています。
やがて「三河国一宮」として記録に登場するようになり、これが一宮町の名前の由来にもなっています。
家運隆昌、交通安全、厄難消除の御神徳で東海の総鎮守砥鹿神社は大己貴命(おおなむちのみこと)大国さまを祀る旧国幣小社で東海地方の総鎮守の神として各方面から篤い崇敬をうけています。

砥鹿神社1

砥鹿神社2

砥鹿神社3

砥鹿神社御朱印


<11/5>

名古屋丸の内のホテルを8:40出発

【名古屋城 9:00到着 10:00出発 】

住所:愛知県名古屋市中区本丸1-1
TEL:052-231-1700

徳川家康が外様大名を動員して慶長15年(1610)着工、同19年に完成しました。
本丸・二の丸・西の丸・御深井丸・三の丸の五郭から成る規模雄大な城で、ことに金鯱をのせた壮大華麗な天守閣はひろく天下に知られました。
元和2年(1616)家康の九男義直が入城して以来、徳川御三家筆頭、尾張藩六十一万九千石の牙城となりました。
昭和20年、米軍の空襲で天守閣以下ほとんどの建物を焼かれましたが、昭和34年、再建されたほか、西北・西南・東南の各隅櫓と表二ノ門がもとの建物で現存しており本丸を囲む石垣や空堀・外堀などは原形を伝え、二ノ丸庭園も一部だけ残っています。

名古屋城1

名古屋城5

名古屋城2

名古屋城3

名古屋城4


【愛知縣護國神社 10:05到着 10:15出発 】

住所:愛知県名古屋市中区三の丸1-7-3
TEL:052-201-8078

日本は過去に多くの戦いで尊い命の犠牲がありました。
今の平和で豊かな生活は先人の多くの礎により築かれた現代であります。
愛知縣護國神社は幕末の嘉永6年(1853年)以降、先の戦争まで一命を捧げられて平和の礎となられた愛知県ゆかりの御英霊9万3千余柱をお祀り申し上げているお社です。

愛知護国神社1

愛知護国神社御朱印


【名古屋東照宮・那古野神社 10:20到着 10:30出発 】

住所:愛知県名古屋市中区丸の内2-3-37
TEL:052-231-4010

藩祖義直が南光坊天海を請じて創建し、家康を祀っています。

名古屋東照宮1

名古屋東照宮御朱印

住所:愛知県名古屋市中区丸の内2-3-17
TEL:052-231-4030

延喜11年(911)の創建と伝えられる古社です。
当初は天王社・亀尾天王社(かめのおてんのうしゃ)と呼ばれ、名古屋城内の三の丸にありました。
天文元年(1532)、織田と今川が争った那古野合戦により焼失してしまいましたが、織田信秀(信長の父)により天文8年(1540)に再建されました。
慶長15年(1610)、名古屋城築城に際し障害となるため、那古野神社と若宮八幡社のどちらかを移すこととなりました。
徳川家康が御神籤(おみくじ)で神意を伺ったところ、那古野神社が遷座不可と出たため、そのまま城内に留まり城の鎮護、名古屋の氏神として祀られました。
明治維新の際、須佐之男(すさのお)神社と改称され、その後、明治9年(1876)、城内に名古屋鎮台が置かれたため、名古屋東照宮とともに明倫堂跡地に移転しました。
明治32年(1899)7月8日、現在の那古野神社と改称しました。

那古野神社1

那古野神社御朱印


【真清田神社 11:00到着 11:20出発 】

住所:愛知県一宮市真清田1-2-1
TEL:0586-73-5196

真清田神社の御祭神は尾張開拓の祖である「天火明命」。
尾張国の一之宮として2600 有余年の歴史を持ち、永きにわたり人々の篤い信仰を集めている由緒正しい神社です。

真清田神社1

真清田神社御朱印


【南宮大社 12:00到着 12:30出発 】

住所:岐阜県不破郡垂井町宮代1734-1
TEL:0584-22-1225

金山彦命を主祭神に旧国幣大社で美濃国一の宮として、また全国の鉱山、金属業の総本宮として深い崇敬を集めています。
楼門・回廊・拝殿など江戸時代の建築の粋を集めています。

南宮大社1

南宮大社御朱印


【多賀大社 13:10到着 13:30出発 】

住所:滋賀県犬上郡多賀町多賀604
TEL:0749-48-1101

古くから「お多賀さん」の名で親しまれる滋賀県第一の大社です。
日本最古の書物「 古事記」によると、この二柱の大神は神代の昔に、初めて夫婦の道を始められ、日本の 国土、続いて天照大神をはじめとする八百万(やおよろず)の神々をお産みになられまし た。

多賀大社

多賀

多賀大社御朱印


【建部大社 14:30到着 15:00出発 】

住所:滋賀県大津市神領一丁目16-1 MAP
TEL:077-545-0038

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)を祭神とする近江国の一の宮です。
源頼朝が平家に捕らえられて伊豆に流される途中に源氏再興を祈願し、その願いが叶って以来、武運出世の神として信仰を集めています。
また、境内の大野神社は縁結びのご利益があるといわれています。
毎年8月17日には、大津三大祭のひとつである水上祭「船幸祭」が催されます。

建部大社 1

建部大社2

建部神社御朱印


【近江神宮 15:30到着 16:00出発 】

住所:滋賀県大津市神宮町1-1
TEL:077-522-3725

大津京を建都した天智天皇を祭神とし、昭和15年に皇紀2600年を記念して建立されました。
社殿は近江造と呼ばれる新しい様式で、近代神社建築を代表するものとして国の登録文化財に指定されました。
天智天皇が日本で初めて漏刻(水時計)をつくったことに因み、境内には古今東西の時計を展示する時計館宝物館があり、6月10日の時の記念日には「漏刻祭」が行われます。
また、小倉百人一首巻頭歌が天智天皇のものであることからかるたの殿堂とされ、お正月に行われる「かるた祭」でも有名です。

近江神宮

近江神宮御朱印


【日吉大社 16:10到着 17:00出発 】

住所:滋賀県大津市坂本五丁目1-1
TEL:077-578-0009

全国各地にある3,800余りの「山王さん」の総本宮で、古事記にも登場する古社です。
広大な境内には国宝の東本宮・西本宮の本殿をはじめ、21社が祀られており、日本最古の石橋といわれる日吉三橋など重要文化財も多くあります。
湖国屈指の紅葉の名所であり、春の「山王祭」は湖国三大祭のひとつで見応えがあります。

日吉大社1

日吉大社2

日吉大社


【おまけ】

①魚河岸 丸天

沼津港直送の魚河岸丸天に行ってきました。
生しらすと生桜えびは、安くて美味しかったです。

丸天

丸天1

丸天2

丸天3


②記念メダル

富士山関連と名古屋城のメダルをゲットしました。

記念メダル11月


③シール・スタンプラリー

3Dポストカードはその場でもらえました。
その他は後日抽選です。

シール・スタンプラリー

3Dポストカード


④フロントガラス割れ

11/2スタートしてすぐ大阪で飛び石よりフロントガラスが割れました><
なんとか帰るまで進行しなかったので、不幸中の幸いって感じです^^;

フロントガラス割れ


※不運もありましたが、計画以上に神社巡りでき、全て直書きで御朱印を頂き、4日とも天候も良かったので満足しています^^

富士山関連御朱印
スポンサーサイト



テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2017/11/12(日) 12:47:33|
  2.  富士山周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Vodka&コスモ

Author:Vodka&コスモ
メインゲーム
・キャプテン翼⇒パズドラ
・ゼネピック⇒ポケモンGo

カメラ
・OM-D E-M1 Mark II
・ILCE-9
・Cyber-shot DSC-WX500

レンズ
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
・FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
・TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

参加中


御朱印ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

占い

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる