FC2ブログ

リラックスタイム

最初はゲーム中心のブログでしたが、最近は日常の出来事を不定期に更新しています。

ベランダのトップコート補修

ベランダのトップコート補修を行いました。
詳細は以下の添付写真参照です。

top1

top2

1回目の剥がれ原因は、何の処理もせず、上塗りしたために発生したと思っています。
2回目の対応がきっちりしていたので、メーカーの方も同様に思っていたかも知れません。
しかし、2回目の施工後もひび割れが発生していたので、色々とやり取りしました。

ひび割れの原因をネットで調べてみると
2点気になりました。

①今回の施工内容でプライマー塗布が抜けていました。
これに対する回答は以下でした。
       ↓
今回採用している塗料の標準施工マニュアルを見せてもらい、
その中でプライマー塗布の工程が必要ないことを確認 しております。
そのマニュアルには、他の塗料での施工方法も記載してあり、
中には、プライマー塗布を義務つけているものもありました。
塗料によって、プライマー塗布する必要があるものと、 ないものがあるというわけです。
「マニュアルに記載がなくても、 プライマーを塗ったほうが良くないですか?」
と、質問もしましたが、メーカーとしての回答は、マニュアル通りに施工して下さいという返答でした。
ですので、今回のクラックとプライマー塗布は無関係だと思われます。
       ↓
更に質問しました。
ネットではウレタン系のほうがプライマー必須のように記載されていますが、
ウレタン系でもプライマーレスがあると言うことですね?

一般的にはポリエステル系トップコートの場合
•研磨 :付着力を向上させるため表面が白っぽくなるほどに傷が付くようサ ンダー等で研磨します。
•アセトン拭き
•トップコートの塗装

ウレタン系トップコートの場合
•アセトン拭き:FRP防水材の表面のワックス成分を拭き取ります。
•プライマーの塗布:FRPトップコート塗り替え専用プライマーを塗ります。
•トップコートの塗装               
     ↓
今回採用した塗料は、アイカ工業というメーカーのものなのですが、
アイカ工業の施工マニュアルでは、
ウレタン防水にプライマー施工が必要ないかわりに
ポリエステル防水には、プライマー施工指示があります。
このあたりは、防水の原料よりも、各メーカーの塗料品番によって、違うようですね。
     ↓  
アイカ工業のカタログでもウレタン系にはプライマー塗布必要で
ポリエステル系にはプライマーレスの記載でした。
言ってることが矛盾していたので、
塗料の型式も調査して事実確認しようと思いましたが、そこはメーカーを信じることにしました^^;
一応、アイカのカタログは今後のために貼っておくことにしました。

アイカ工業カタログ

②厚みが厚いとひび割れしやすい。(歩くと弾力も感じる)
これに対する回答は以下でした。
     ↓
今回の塗料は、薄く塗っています。
弾力を感じるのは、これまで のポリエステル系の塗料と違って、
伸縮性があるウレタン系の防水塗料を採用しているからだと思われます。
(クラックが入りにくい事で採用しております。)
厚塗りすると、クラックが入りやすいのは、
おっしゃる通りですので、そこは、今回、かなり注意して施工しております。

では、なぜ、すでにクラックが入っているのか?
という疑問が出てくると思います。

それに関しては、下地のクラックが
そのまま浮き出ているのではと推測しております。

もともと、古いトップコートに
大きなクラックが複数入っていました。

top3


仕上がっ た時にクラックが目立たないようにと、
古いトップコートを削っていき、平らにしていたのですが、
一部、クラックが深いところがあり、
これ以上削りすぎると、防水層まで傷める恐れがあったので、
できる範囲で留めた箇所があります。
そのような経緯があり、新しいトップコート施工時に、
塗料が浸透した後、そこのクラックが浮いて、
でてくることも、多少心配しておりました。
厚塗りして、少しでも下のクラックが目立たないようにしたほうがいいか、
少し迷いましたが、厚塗りして、新しく塗ったトップコートにクラックが入ると、
本末転倒で、新しく塗 ったトップコート自体が、剥がれる恐れもありましたので、
薄塗りにとどめております。
現状、クラックのように見えますが、
それは、見た目だけで、トップコート自体は連続していますので、問題ないと思います。
それを明日、確認します。
  ↓
確認結果
本日、クラック、状況確認してきました。
予想していたとおり、
下地の凹凸を拾っているだけですので、
防水品質に影響はないと考えられます。

●ひび割れに関してはしばらく様子を見ます。
進行が早く、剥がれたりした場合は、また無償で補修してもらいますw

あと今回の補修後、かなり滑り易いので
滑り止めマットの選定に悩んでいます。

現状、雨が降ると撥水による水玉は2~3日残ります。(晴れると1日で乾きますが)
ネットで調べると
  ↓
ウレタンはモルタルなどに比べて表面がツルツルで水玉が出来やす いです。
通常勾配が1/ 100程度であればそれほど気になるレベルでもありませんが、
こうしたケースはよく見られるようです。
トップコートは紫外線による経年劣化で表面がざらざらに成ってき ますので、
年数が経てば今ほど水はたまりにくくはなってくる。

●また、通販でベランダマットを探しますw

いずれにしろ、きっちり妥協なく施工してもらわないと
良い結果はでないような気がします。

また、マニュアル通りして施工しても良い結果がでないことは
よくあると思います。
そこは職人の経験・感覚を含めた技能が必要だと思います。

電化製品や時計などほぼ全ての物に当たり・外れがありますが、
こんなところで運は使いたくないですね~~><

---------3月5日追記---------

施工完了から約2週間が経過しました。

表面にクレーターのようなものが多数発生してきました。
原因は何なんでしょうね?
トップコート2週間後①
拡大すると↓
トップコート2週間後②

クレーターが発生していることもあって、表面がザラツキ滑りにくくなっていましたが、
ベランダマット購入してしまっていたので敷いてみました。

トップコート2週間後③
                   ↓
トップコート2週間後④

こんな感じになりました。

スポンサーサイト



  1. 2017/02/26(日) 18:11:09|
  2. ■住宅&生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Vodka&コスモ

Author:Vodka&コスモ
メインゲーム
・キャプテン翼⇒パズドラ
・ゼネピック⇒ポケモンGo

カメラ
・OM-D E-M1 Mark II
・ILCE-9
・Cyber-shot DSC-WX500

レンズ
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
・FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
・TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

参加中


御朱印ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

占い

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる