FC2ブログ

photograph on a holiday

最近は休日に撮った写真を不定期に更新しています^^

大阪城 メリケンパーク 明石海峡大橋

【大阪城】

浄土真宗の本山として栄えた石山(大坂)本願寺の跡地に、天正11年(1583年)、豊臣秀吉は大坂城の築城工事を開始しました。
秀吉は、織田信長の安土城をモデルとしながらも、全ての面でそれを凌駕するような城造りを目指しました。
築城を始めてからわずか 1年半後の天正13年(1585年)に、華麗で優美な装飾を施した天守が完成しました。
当時、秀吉の政権は、まだまだ不安定なものだった為、自分の権力を知らしめる為にも秀吉は、その象徴となる天守を早く完成させたかったのです。
天守完成後も断続的に城造りは行われ、築城開始から15年の歳月をかけて徐々に、難攻不落の巨城が築き上げられました。
この時の大坂城は、惣構え(そうがまえ)と呼ばれる最外郭まで含めると、面積がおよそ 420万平方メートルにもなり、この大きさは、現在の大阪城公園の約 4倍の広さにあたります。
この当時の大坂城は、4重の堀に囲まれた日本一の巨城でした。
秀吉の死後、秀吉の遺言に従って、息子の豊臣秀頼が、母の淀殿と共に、城主として大坂城に移りました。
慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いを経て、天下の実権は徳川家康へと移り、元和元年(1615年)の大坂夏の陣で、大坂城は落城し、豊臣家は滅亡してしまいました。
大坂夏の陣で廃墟同然となっていた大坂城を、徳川幕府の二代将軍である徳川秀忠が、幕府の手で再築します。
その再築工事が始まったのが、元和6年(1620年)です。
西国・北陸の外様大名を中心に、六十四家の大名を動員して天下普請(てんかぶしん)として行われたこの工事でした。
各大名が技法の早さや石垣の大きさなどを競った為、比類なく洗練された城が築き上げられました。
この工事で秀忠は、徳川の威厳を示す為に、豊臣秀吉が作り上げた大坂城よりも、石垣をより高くし、堀はより深くするように指示を出しました。
その為、豊臣期の大坂城の上に盛り土がされ、新たに堀が築かれました。
したがって現在、我々が見ている大阪城の壮大な石垣や堀は、秀吉の時代のものではなく、徳川幕府によって築かれたものなのです。
2代目大坂城の天守が完成したのが、寛永3年(1626年)です。
そして、3代将軍・徳川家光の時代の寛永6年(1629年)に、2代目大坂城は、3期に渡る工事を経て完成しました。
ところが、この 2代目天守は、完成わずか 39年後の寛文5年(1665年)に、落雷により焼失しました。
以後、江戸時代に天守が再建されることはなく、昭和の復興までの 266年間、大坂城は天守を失ったままの城となりました。
更に慶應4年(1868年)、明治維新の際には、幕臣の一部が放った火によって大坂城内は燃え、多くの建物が失われました。
明治に入ると、大阪城跡は陸軍の管轄となり、軍用地として整備され、城内に多くの軍事施設が作られました。
この時代もまだ、市民や観光客が城内へ入ることは禁止されておりました。
ところが昭和3年(1928年)、当時の大阪市長であった関一(せきはじめ)氏が、大阪城天守閣の復興を提案しました。
市民からの寄付金を募ったところ、昭和恐慌による経済低迷の時代にもかかわらず、わずか半年で 150万円にも上る寄付金が集まりました。
これは、現在の貨幣価値に換算すると 750億円とも言われています。
昭和5年(1930年)に復興工事が始まり、その 1年半後の昭和6年(1931年)に完成しました。
266年の歳月を経て、3代目天守閣が誕生しました。
当時としては最新の建築工法である鉄骨鉄筋コンクリート造りで、内部にはエレベーターも備えてあります。
しかも日本では前例のない、地上55mの超高層建築でもありました。
そして天守閣の内部は、復興当初から歴史博物館として利用されています。
その天守閣の外観は、「大坂夏の陣図屏風」に描かれている豊臣時代の初代天守をモデルにしています。
しかし天守閣の石垣は、徳川再建のものなので、天守閣の大きさ自体は、徳川時代の 2代目天守に近いものとなっています。
と言うことは…
2代目大坂城は、豊臣時代の初代大坂城を埋めて、その上に再築され、そして 3代目大阪城は、徳川時代の 2代目大坂城の石垣の上に、豊臣時代に造られた初代大坂城の天守をモデルに再建されたと言うことになります。
少し複雑ですね…
多くの人が現在の見事な石垣を見て、豊臣秀吉の築造だと誤解しています。
しかし実際は、石垣も堀も全てが徳川時代以降のものなのです。

ところで、上では「大坂城」と「大阪城」という2つの言葉が出て来ましたよね。
「大坂城」と「大阪城」には、何か違いがあるのでしょうか。

結論を言えば、この2つの表記はいずれを使っても構わない事になっています。
ただ、一般的に明治以前の”おおさかじょう”を指す時は「大坂城」、明治以降の”おおさかじょう”を指す時は「大阪城」と言う事が多い傾向にあります。
なぜ「大坂」から「大阪」に変わったのかと言うと、前者の「坂」の字が”土に反る”という意味になり、これが縁起が悪いという事から江戸時代の頃から「大阪」という表記が使われ出したそうです。
1868年に明治政府にが設置したのは「大阪府」だったので、これによって「大阪」が正式な表記となったと考えれられます。
もっとも、明治10年頃までは「大坂」と「大阪」いずれも使われていたとされ、どちらを使っても構わない時期があったと言われています。
ちなみに、「おおさか」の読み方は「おさか」や「おおざか」というものもあり、この表記も「小坂」や「尾坂」というものも知られています。
表記が「大坂」になるのは戦国時代の頃で、秀吉がこの地に城を築いた頃には「おおさか」や「おおざか」という読みが使われるようになりました。

前置きが長くなりましたが、OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO 12-100mm F4 PROで撮った写真をアップしていきます!

マニュアルも試しましたが、まだまだオートモードの方が綺麗でした^^;  全てISOは200でした↓
180421大阪城②

180421大阪城①

180421大阪城⑤

180421大阪城⑥

オートモードのぼかしです↓
180421大阪城⑦

180421大阪城④

シャッター速度1/5000秒で撮ってみました↓
180421大阪城⑧


【メリケンパーク】

メリケン波止場と中突堤間を埋め立てた公園で、園内には神戸ポートタワー、神戸海洋博物館、ホテル、展望広場などの施設があります。
夜景スポットで有名です。

ISO6400 1/20秒 F11 
180421神戸④

180421神戸⑤

ISO1600 1秒 F9 
180421神戸②

焦点距離200mm
180421神戸③

手持ちオート
180421神戸①


【明石海峡大橋】

明石海峡大橋は、神戸市と淡路島の間の明石海峡に架かる、橋長3,911m、中央支間長1,991mの世界最大の吊橋です。
明石海峡大橋は、本州と四国を、道路と鉄道で繋ぐ本州四国連絡架橋事業の一環として建設されたもので、1988年(昭和63年)5月に現地工事に着手し、およそ10年の歳月をかけて1998年(平成10年)4月に完成しました。
大阪湾と瀬戸内海を繋ぐ明石海峡は、海峡の幅が約4km、最大水深は約110m、海峡を流れる潮流の速さは最大で毎秒4.5m(約9ノット)に達します。
また明石海峡は古くからの好漁場であるとともに、海上交通安全法によって国際航路に指定されており、1日に1,400隻以上の船舶が航行する、海上交通の要衝となっています。
明石海峡大橋は、こうした厳しい自然条件や社会条件の中で建設されました。
そのため、風速80m/sの風に、太平洋プレートで発生が予想される大地震や、兵庫県南部地震のような直下型地震にも耐えうるように設計されています。
また、最大潮流速4.5m/sの急潮流が流れる海の上で、水深60mの海底に、最大約12万トンの鉛直力に耐えうる基礎を建設する必要がありました。
さらに、当時の日本において最大規模であった1,000m級の吊橋の約2倍の規模である、中央支間長1,991mの橋の桁を架設する必要があるなど、当時の日本の持っていた技術だけでなく、沢山の新しい技術の開発を行い、それらの新技術も用いて建設されました。
ここも夜景スポットです。

ISO1600 1秒 F9 焦点32mm 
180421明石⑦

ISO1600 3.2秒 F11 焦点32mm 
180421明石⑥

ISO320 30秒 F10 焦点32mm 
180421明石④1

ISO320 30秒 F10 焦点32mm
180421明石③1


なぜかAF+MF設定なのにピーキングがON出来ない等、色々問題があるので操作を完璧に理解するのが最優先かもですね。
でも使わなかったらすぐ忘れそうです^^;
スポンサーサイト



テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2018/04/22(日) 22:59:57|
  2.  風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<画像テスト | ホーム | 大阪神社巡り>>

コメント

No title

流石に最新のカメラは凄いですね
「手持ちオート」でこれだけの写真撮れるとは…
「ピ―キング機能」はNikonには無いので正直羨ましい。最近オールドMFレンズで「マニュアルモード撮影」することが多いのでピントの山が掴みにくいことがよくあります
  1. 2018/04/23(月) 19:05:50 |
  2. URL |
  3. toshi #-
  4. [ 編集]

No title

toshiさん>まだまだ構図を含めた良い写真の理解が今一です><
基本、好みが異なるので自己満足の世界なんでしょうか?
  1. 2018/04/23(月) 22:13:52 |
  2. URL |
  3. Vodka #-
  4. [ 編集]

No title

そうです、ある意味「自己満足」の世界です
他の人がどう思うが自分が「イイね!」と思った写真が一番イイ
そう思わないとすぐに飽きてしまうかも…
  1. 2018/04/24(火) 21:24:51 |
  2. URL |
  3. toshi #-
  4. [ 編集]

No title

toshiさん>自己満足できる写真が撮れるよう経験積んでいきます^^
  1. 2018/04/26(木) 17:38:55 |
  2. URL |
  3. Vodka #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bb777.blog100.fc2.com/tb.php/180-00cdf205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コスモ

Author:コスモ
カメラ
・OM-D E-M1 Mark II
・ILCE-9
・Cyber-shot DSC-WX500

レンズ
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
・SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
・SONY FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS SEL200600G
・SONY SEL85F18 EF85mm F1.8
・TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)
・TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)
・SONY SEL14TC 1.4X テレコンバーター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

参加中


御朱印ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

占い

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる